安価なリサイクルトナーが密かな人気を集めている事をご存知ですか?

リサイクルトナーの豆知識

安価なリサイクルトナーが密かな人気

トナー

新品を購入するとなれば経費がかさんでしまうプリンターのトナー。そこで今、安価で手に入るリサイクルトナーが密かな人気となっております。なんと言っても価格が新品に比べて、最大で10分の1程度と経費にすると大きな差となるのが魅力です。現在リサイクルトナーは複数の業者から販売されており、多くはネットでもオーダーをすることが出来ます。加えて保証面でも充実しているというのが見逃せない点です。再生品であるリサイクルトナーは無期限で品質保証されており、万が一不具合が起きた場合には代替品を送ってくれます。そしてもしもプリンターが故障してしまったという場合には、リサイクルトナー業者が修理代金の保証をしてくれるほか、1年間のプリンタ修理保証も付いているのです。
さらに印字品質が気に入らなかったという場合は、商品代金の返金保証までしているのですから、かなりの手厚いサービスであると言えるでしょう。一方でカラーの色合いが若干異なってしまったり、不具合率がやや高いなどの不安はどうしても付きまとってしまいますが、やはりコストパフォーマンスのことを考えると、一度検討してみる価値はあるのではないでしょうか?対応するプリンターの種類をチェックするだけでも一度販売サイトをご覧になってみてください。

普段使いならば、リサイクルトナーで十分

リサイクルトナーは安く手に入るので便利です。自宅で使う場合はリサイクルトナーで十分だと思います。先日も使っているトナーが無くなったので、買いに行きました。最初、リサイクルトナーは使用感に不安があったのですが、実際に使ってみると、普通のトナーとあまり使用感は変わりませんでした。デザインなどの仕事で、色合いなどにこだわる場合は、リサイクルトナーで無くて、純正のトナーを使ったほうが良いかもしれません。しかし、プライベートで使う分にはリサイクルトナーで十分です。今は何でもリサイクルできるものはリサイクルする時代です。そのため、トナーもリサイクルで安く手に入るのならば、その方が消費者にとってはありがたいです。
格安ショップなので売っているリサイクルトナーも、品質に不安がありますが、もともと安い商品だと思えば、そこまでクオリティーを求めなくても良いのではないかとも思います。今後もトナーが必要になると思いますが、引き続きリサイクル商品を使っていきたいと思います。トナーのような消耗品は、意外とお金がかかるものです。しかし、プリンターにはトナーが欠かせません。経費を安く抑えられれば、十分にプリンターを活用していくことができます。

リサイクルトナーのメリット・デメリット

リサイクルトナーは、ユーザーにはかなりお得な面が強調されていますが、その一方で悪い面もあります。では、そのメリットデメリットはどんなものがあるのでしょうか?
1、メリットについて
やはり、リサイクルトナーでいい面といえば、そうでないトナーよりも圧倒的に値段が安いことが魅力です。リサイクルされたトナーの研究・開発や製造コストについては基本的にお金がかかりませんので、その分大きく安くできるのです。印刷される枚数も、純正品と比べてもほとんど変わらないこともお得感が増している面があります。
2、デメリットについて
やはりリサイクルトナーですと、純正品に比べて不具合が出るリスクが大きいです。確率的には約2~3パーセントほどで、純正品のおおよそ1.5倍から2倍ほどの不良が出てしまいます。ですので、どうしても不良品が出やすいことは頭に入れないといけません。また、カラーについて純正品と色合いが異なってしまう面もデメリットです。リサイクルトナーな値段は安いのですが、その分悪い面が出てしまうのはどうしても致し方ない面があります。
ですが、リサイクルトナーでも十分に使用ができるレベルにありますので、値段が安かったりするのがいいのであればリサイクル品のほうが圧倒的にコストパフォーマンスはいいでしょう。

おすすめ記事

TOP